地方銀行フードセレクション2014 開催報告

地方銀行フードセレクション2014 開催報告

地方銀行フードセレクション2014実施報告書ダウンロード(3,012KB)

2014年11月11日・12日、幕張メッセ(千葉県)にて「地方銀行 フードセレクション2014」が開催されました。今回で9回目を数える本商談会は、地方銀行38行が主催する国内最大級の「食の商談会」に成長し、551の企業・団体に出展いただき、来場者は1万名を超える盛況ぶりでした。本商談会は、出展企業・団体が、主催者である地方銀行推薦の優良なお取引先に限定されていることから、バイヤーの方々にも安心して商談していただける場として積極的にご活用いただけるという特徴があります。
今回より新たな取組として、「個別商談会」の実施や、出展社のイチ押し商品を展示してもらう「イチ押し商品PRコーナー」を設置。個別商談会では2日間で280を超える商談を実施し、今まで以上に確度の高い商談をバイヤー、出展社双方に提供しました。また「イチ押し商品PRコーナー」はカテゴリーごとに出展商品を並べることで、バイヤーの担当する商品が一目で分かるようにしました。当日は商品を見ながらメモを取る方、気になった商品の情報を聞きにブースへ足を運ぶ方など、大変有効に利用されていました。その他にも海浜幕張駅⇔幕張メッセ間にバイヤー専用の無料シャトルバスを運行し、多くのバイヤーにご利用頂きました。
本商談会では、 バイヤーと出展社のコミュニケーションを円滑に行うため、農林水産省が推奨するFCP(フード・コミュニケーション・プロジェクト)に準拠した商品情報の提供を行なっています。すべての出展社の商品情報をFCP展示会・商談会シートに準拠した「FCP商品情報」としてデータベースに格納し、利用登録をされた食品関連バイヤーに限定して、詳細な商品情報を提供しました。商材を探すバイヤーには便利な「商品検索機能」も整備し、出展社とバイヤーの双方に24時間・365日、インターネットを通じてビジネスマッチングの機会も提供しています。
当日は、主催者38行の役員(うち19行からは会長、頭取)にご出席いただき、盛大に開会式が執り行われ、主催者代表として群馬銀行・齋藤 一雄頭取からご挨拶をいただきました。

[epa-album id=”203″ show_title=”false” display=”full”]

2014年度 地方銀行フードセレクション実施報告書(3,012KB)のダウンロードはこちら

地方銀行フードセレクション 昨年の実績

出展社数:551社
来場者数:10,446名
主催銀行数:38行


<新企画>

個別商談

個別商談 21社のバイヤーをお呼び2日間で236商談を実施しました。

例年以上確度の高い商談を出展社とバイヤー双方に提供しました

 

 

イチオシ商品PRコーナー

イチオシ商品PRコーナー
カテゴリ別に出展社のイチ押し商品を展示する陳列コーナーを設置しました。当日は多くのバイヤーが足を止めて商品の写真を撮ったり、ブース番号をメモする姿が見られました。

 

 

都道府県PRブース

都道府県PRブース
都道府県担当者がパネルやポスター、パンフレットなどの資料を通じて都道府県内の観光スポットや郷土食などをPRしました。来場されたバイヤーは地域の文化や食情報の提供を受けることで出品商品の付加価値や魅力を知ることが出来ました。

 

シャトルバスの運行

シャトルバスの運行
海浜幕張駅⇔幕張メッセ 間で無料バス運行し、多くの来場者にご利用頂きました。