6月16日 麦とろの日

2001年(平成13年)、「む(ぎ)=6」「とろ=10と6」の語呂合わせから、麦ごはんの会が制定しました。麦は「五穀の長」と呼ばれる栄養豊富な穀物です。やまのいもで作るとろろと一緒に食べると、やまのいもの消化酵素の働きで麦の栄養吸収が無駄なく行われ、体力強化に優れた働きを発揮します。またこの時期は、「麦秋(ばくしゅう)」と呼ばれる麦の収穫期にあたり、広く麦を知ってもらうと同時に、夏バテ予防食と麦を食してもらうという意味合いも含まれています。