山陰・中国地方へ行ってきました。

こんにちは!
イベントチームの奥村です。

GWに山陰・中国地方へフラッと旅行してきました。

鳥取砂丘の雄大さに感動し

尾道では、しまなみ海道で尋常じゃないくらい汗をかき

倉敷では、街並みに趣きを感じました。

この旅で一番驚いたのが“ラーメン”です!
今回訪れたどの地域にも、独自のラーメンがあり、それぞれ味が全く違うんです。

鳥取 牛骨 ラーメン いのよし

牛骨ラーメンは60年以上愛され続けているご当地麺!
誕生は昭和21年頃、米子市が発祥といわれています。
同じ鳥取県でも鳥取県東部である鳥取市より中部の倉吉市から西部の米子市にかけて提供されているそうです。

今回注文した「スジラーメン」は、名前の通り牛スジをふんだんに使用しており、
牛ならではの香ばしさとコク、すっきりした飲み干しやすいクリアな味わいが特徴。
スープまで残らず食べてしまいました。

尾道ラーメン 牛ちゃん 尾道店

尾道ラーメンは、シンプルな中華そばがベースなので、みんなが好む優しい味です。

今回注文したのは、シンプルな尾道ラーメン。
いりこでとったダシが特徴で、醤油味ベースに背脂でコクを出しています。
見た目ほどこってりしておらず、太めの麺とスープがよく絡みます。

シンプルですが、味わいのある一杯です!

倉敷ラーメン 升家

倉敷の観光スポット「美観地区」にあるラーメン屋さん。
岡山のものにこだわって作っています。

今回注文した「倉敷煮干しらーめん」は、瀬戸内の煮干しが効いた魚介系の濃厚な豚骨スープ。
醤油は地元の「とら醤油」、麺は玉子麺、チャーシュー、煮卵、メンマ、青ねぎなど地元の食材を
ふんだんに使った一杯です。

お店も綺麗なので、女性のお客さんもたくさんいらっしゃいました。