7月2日 うどんの日

1980年(昭和5年)、香川県生麺事業協同組合が制定しました。うどんの本場である讃岐では半夏生(はんげしょう)の日に、田植えや麦刈りの後にその年に取れた麦でうどんを作って食し、労働をねぎらうという風習がありました。東西に長い日本では、うどんは西日本、そばは東日本、境界線の名古屋はきしめんとおおまかに分かれています。