第13回目 国分首都圏株式会社 岡本 節様 インタビュー

 kokubu
Chapter1 飲料のみならず地方の商品に注目!全国
で約2000店舗に配布しています。

-カタログではどのような商品を取り扱っていますか?

国分のカタログギフト(酒販店向け)は20年前からやっており、私は3年前から担当しています。地域密着の独立店(酒屋)への販促支援として配布しているカタログです。

カタログアイテム数は390、カタログ配布部数は約55,000部。全国で約2,000店舗に配布しています。顧客は酒屋さんに買い物に来る、またはご自宅に御用聞きに伺う50代~80代がターゲット。

売れやすいのは、ビールや飲料が多いですが、地方の商品がかなり注目されてきていることや、私自身も地域の美味しい商品をより多くの方に伝えていきたいため、地域の食品のページにも注力しています。

Chapter2 消費期限が短い「パン」をどうやって売るか
「モン・シェール」のデニッシュ食パン

-印象に残っている地域らしい商品はありますか?IMG_4215

「モン・シェール」のデニッシュ食パンです。
きっかけは雑誌。10年前からのお付き合いです。
「モン・シェール」さんは、元は京都のパン屋で、そこで修行をした職人が立ち上げました。
パン作りの工程はすべて手作り。今では、TVで特集され、食べログでも常に上位に入る人気店でかなり有名ですが、昔はパンを売り歩いていた時期もあったそうです。

私もここの「デニッシュパン」のファンになり、ぜひ多くの方に知ってほしいと思いました。 通販で売りたいけれど、この商品は、「手作り」「無添加」だからこその「賞味期限の短さ」と「ロット数」。IMG_4204どうやって売るかを考えて、たどり着いたのが、「酒販店からの予約発注」でした。
東京都内への配送は焼き立てが当日に、千葉・埼玉・神奈川県は翌日到着します。

酒屋とパンというのは全然似ても似つかないのですが、地元で昔から愛されている酒屋さんでは、店主とお客様の対面販売が多い。そこで、酒屋さんに勉強会を開き、酒屋にコンスタントに来てもらう販促として、「予約制の商品の売り出し方」をお伝えしました。

この販売方法に共感を得てくださり、商品を販売してくださる酒販店様が多くいました。この手法が人気となり、パンや期限の短い日配品の販路支援も成功しました。

現在でもかなりの本数の予約をいただいて、酒屋さん、モン・シェールさんにも相乗効果を出すことができており、非常に嬉しく思っています。

IMG_42656

Chapter3 地方の商品をより多くの人に知ってもらいたい。その方法を考えるのが、この仕事の醍醐味ですね。

-バイヤーとしてのやりがいを教えてください。

全国の商品が集結する、「地方銀行フードセレクション」などの商談会にもお伺いしますが、まだまだ知られていない商品が世の中にたくさんあることを感じます。

売る方法やターゲットを変えることによって、販路は広がります。その方法を事業社さんと一緒に考えていくことが、とても面白い仕事だと思っています。
今後も地域の商品の発掘し、発信していきたいと思っています。


国分首都圏株式会社(KOKUBU SHUTOKEN CORP.)
HP:http://www.kokubu.co.jp/
所在地:東京都江東区新砂1-6-35 イーストスクエア東京5階
設立:1928(昭和3)年1月12日
事業内容:酒類・食品・関連消費財にわたる卸売業及び流通加工、配送業務、貿易業、不動産賃貸借業 ほか


※記事内で紹介した絶品のデニッシュ食パン「モン・シェール」
「モン・シェール 東陽町工場」
住所 東京都江東区東陽5-24-10
電話 03-3615-5811
アクセス 東京メトロ東西線 東陽町駅 1番出口 徒歩5分
営業時間 24時間営業
駐車場 併設の駐車場はないので、付近のコインパーキングをご利用ください。