年中無休24時間営業でサクッ・もちっなデニッシュ食パンが買える工場「モン・シェール 東陽町工場」

こんにちは!宇山です。
本日は私も食べた瞬間虜になった「デニッシュパン」のご紹介です!

◆24時間絶品デニッシュ食パンが買える工場「モン・シェール 東陽町工場」

みなさん、絶品のデニッシュ食パンが24時間買える工場をご存知ですか?

今回バイヤーさんに教えていただき、株式会社モンシェール 取締役の小島 隆弘氏にお話を伺いました。
工場が多いことでも有名な江東区。

モン・シェールの工場は東陽町駅から約5分ほど歩いた閑静な住宅地にあるパン工場です。
売っているには「デニッシュパン」のみ!そして1/2本、1本単位でのみ販売しています。
購買層は、なんと6:4で【男性】の方が多いのだそう!驚きです!

お客様は自家需要や、手土産に買っていくのだそう!

IMG_4277

工場の近くを通るだけですごーく良いにおいが漂ってきます♪

◆サクッもちっ♪だけど手に持つとずっしり……モン・シェールパンの秘密

こちらで販売しているのは、ただの食パンではなく、サクっとした口当たりとバターの風味が楽しめるデニッシュタイプのパン。

プレーンは2斤980円で販売しています。
まず出来立てのパンを見せていただくことに!
ねじって2つにちぎってみてくださいとのこと。

IMG_4204

ふわッふわッな白生地があらわれました☆
デニッシュパンなので、生地を幾重にも折り重ねているため、何十もの層が!!
作る工程でも生地を幾重にも折り重ねているところをみせていただきました!

IMG_4247

何より驚くのは、重さ。手に持つとずっしりしています。

その秘密は……

秘密その(1)「新鮮なバター」と「生クリーム」

このデニッシュパンには、新鮮なバターと生クリームがふんだんに使っています。
口当たりはふんわりとしており、一口食べると口の中に一気に甘さが広がります。
カロリーもピカイチですが、味もピカイチです☆彡

秘密その(2)ほとんどが「手作業」添加物も最低限

生地をこねて、1本焼くまでの工程では8時間かかるのだそう。
添加物も最低限におさえ、酵母のちからで、膨らませています。
窯は6台あり、1台で一度に6本焼成できます。多いときは24時間で20回焼成。1日最大1400本作れます!

IMG_4255

<<パン工程>>
①機械で粉をこねる
②生地を寝かせる
③生地を切り分けて再度寝かせる
④生地にバター(板)を織り込み、生地を何層にも重ねる
⑤生地を切り、編み込んで、再度寝かせる
⑥焼成(50分)
⑦冷まして、包装

フレーバーデニッシュと美味しく食べる方法

このデニッシュパン、もちろんそのまま食べてもとてつもなく美味しいです♪
ですが、一人暮らしや、女子は、せっかく食べるのだったら、長く楽しみたいですよね♪

・・・そんな方は、パンを冷凍庫へ!

2週間程度であれば、出来立てと変わらぬ美味しさを保てます!解凍後のパンは、電子レンジかトースターへ。
電子レンジであればフワっとした仕上がりに、トースターであればサクっとした食感も楽しめますよ♪

また、チョコレート、カスタード、メープル、シナモン、季節限定商品などのフレーバーデニッシュは事前予約が必要です!!
ぜひ、行ってみてくださいね。
小島様、ありがとうございました!


<<モン・シェール概要>>
店舗名:モン・シェール 東陽町工場(販売店舗兼工場)
住所:東京都江東区東陽5-24-10
営業時間:24時間
販売商品:食パン(常時販売しているのはプレーン2斤のみ)
店舗数:2(東陽町、銀座)