10月13日 さつまいもの日

さつまいもはその食味から「栗よりうまい十三里」と褒めたたえられてきた根菜類です。江戸から十三里離れた埼玉県川越市のさつまいもが特に美味だったことから、一般にさつまいもは「十三里」と呼ばれていました。収穫期が10月に当たることと、十三里という異名に因み、川越いも友の会が10月13日を記念日として制定しました。飢饉食として江戸時代に青木昆陽によって導入されたさつまいもですが、熱に強いビタミンCを豊富に含んでおり、高い肺がん予防効果が認知されています。