鮨処「海月」@福井市に行ってきました!

こんにちは!鈴木です。

先日、福井銀行林頭取、石川県谷本知事に会いに、代表の澁谷と福井県・石川県に行ってきました。

その際にお邪魔したのが福井市順化にある鮨処「海月(くらげ)」。
店内はカジュアルで明るい雰囲気、カウンターは平日にも関わらず満席です!

img_5243北陸で獲れる海の幸を中心としたお料理は、どれも心惹かれるものばかり…♪

まずはバイ貝とホウボウ、そして白海老のお造りをいただきました。
img_5225

福井では夏から秋にかけて最盛期を迎えるバイ貝は、クセになるコリコリとした歯ごたえと磯の香りがたまりません!

img_5226白身のホウボウはお塩でいただきました。淡泊ですがうま味が強く食感が楽しめるお魚ですね。

白海老は水晶のように透きとおった淡いピンク色をしていて、とろける食感と濃厚な甘みを堪能出来ます。

続きまして、タラ肝ポン酢img_5227

蒸しアワビimg_5228

タコの卵つくりimg_5229どれも新鮮な食材だからこその見事なおいしさに感動してしまいました。
どの品も、ご主人の一品一品へのこだわりが感じられます。

創作寿司も、一つ一つ丁寧な仕事がしてあり絶品なネタばかり!

特に驚いたのが「ガサ海老」。『幻の海老』と呼ばれるほどの逸材で、水なしでも3日位生きるほど生命力が強いとか。

この日は石川県産のガサ海老の握りをいただきました。

ちなみに、地域によって呼び方は微妙に異なるようで、石川県の谷本知事から、石川県では「ガスエビ」と呼ぶと教えていただきました。img_5231ぷりっぷりの食感と、身の甘さがたまらないんです!!

甘えびよりも甘いことで有名だそうで、「幻の海老」と呼ばれるのも納得です。img_5233

頭の殻も焼いて下さり、その香ばしさと海老の旨みに感動;;

ご主人は大阪で修行をされてその腕を磨き、福井でお店を独立されたそう。
カウンター越しでのご主人との地元食材等のお話も非常に楽しく、素敵な時間を過ごすことができました。

お寿司のクオリティの高さにも驚きますが、ご主人のお人柄、そのおもてなしの心が素晴らしい「海月」。
福井に行かれた際は、皆さんもぜひ!!
■鮨処 海月(くらげ)
福井県福井市順化1丁目12-4 福ビル1階
TEL:0776-22-7776
営業時間:17:30~24:00
定休日:日曜日・日曜祝日の連休日は祝日定休