第5回 株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス  内倉大輔氏インタビュー

img_022
img_023
line13

―「地方銀行フードセレクション」に初めてご来場されたのはいつですか?

2009年よりお伺いしており、毎回必ず「コレ!」という素材に出会えています。 「地方銀行フードセレクション」はすごく独特な展示会ですよね。他の展示会にはない商品が沢山あり、毎年楽しみにしています。 弊社のモットーは、「できるだけ店舗で調理した料理をご提供しよう」ということ。 そのため「地方銀行フードセレクション」では、【素材・原料】を中心に探しており、 すでに十数社と取引させていただいております。

―独特な展示会とは?

「地方銀行フードセレクション」では、こだわりを持った職人気質の出展社さんが多いですね。銀行さんの呼び込みにも毎回圧倒されます(笑)。こんなにも出展社さんのために銀行の方々が声出しをしているのかと、行く度に驚かされます。また、頭取があんなにも当日会場にいらっしゃることにも驚きました。他の展示会ではもちろん見られない、「地方銀行フードセレクション」ならではの光景ですよね。 地方銀行が推薦しているということは、やはり安心感があります。 いつも弊社の購買部のメンバーには「みんな行くように」と声をかけるくらい、毎年楽しみにしているイベントです。 また、素材を見つけるのに試食は絶対必要だと思いますので、出展社の方々には徹底して欲しいですね。

―500店舗もの飲食店を束ねているということになれば、受注ロット数は膨大になるのではないでしょうか?

img_021

皆さんそう思われることが多いのですが、小ロットでも対応できるんです。1ブランドで数十店舗あるお店でも「限定商品」として提供したり、店舗を決めて個別対応しているので、ロット数は関係ないです。臨機応変に対応できるのも、外食の良い所だと思います。 会社自体が151ブランド500店舗以上の外食事業を展開しておりますので、さまざまな業態にあわせて、 購買担当が素材を決めております。 リーマンショック以降、「コスト重視」で勝負する部分もありましたが、差別化を図らなくてはお客様は来てくれない。「お客さまの満足を原点に、その時代に望まれるレストランを創りつづけたい。」という想いのもと、ブランド一つ一つの「こだわり」を重視するようになってきました。 ブランド化していくためには「こだわって作った素材」「ストーリー性」が必要不可欠ですからね。
line14

―バイヤーとしてのやりがいを教えてください。

裏方の仕事ではありますが、営業と同じかそれ以上に自分たちの仕事の成果が数字で見えることと、 様々な地域・業界の方と話が出来ること、そして何より自分が選んだ商品・素材がメニューになった時ですね。 前職で仕入部に配属され、物を買うことの楽しさを知り、物を買うというアプローチで商売を勉強し直したいと思い、この業界に飛び込みました。今は様々な地域・業界の方々とお話をする機会があり、毎日色々な発見があって、楽しみながら仕事をしています。日々勉強ですね。 勿論、自分が選んだ商品が採用され、メニューになった時の喜びも格別です。 前回の地方銀行フードセレクションでの話なのですが、 試食をして久しぶりに『これは!』と唸ったのが、愛媛県にあるISフーズさんの「国産アンチョビ」。 イタリアンレストラン業態に提案したところ、調理長たちの試食で即日OKを貰い、 早速メニューインが決まりました。こういう瞬間はいつまで経っても嬉しいものです。

―この仕事を通じてどのような事を実現したいか、教えてください。

まずはレストランとして、お客様に喜んでいただける商品を購入することを「真面目に」 追求したいと考えています。 「コスト重視」の時代から「ブランド戦略重視」の時代にシフトしていく中で、それまで感じていた「お客様の立場に立って、本当に喜んでいただける商品を提供したい」 という想いを実現できるようになりました。これからもこの想いを忘れず、購買していきたいと思っています。 その上で大それた目標ですが、外食業界全体の物流や購買体制の向上に貢献出来れば…と思っています。一言で述べるのがなかなか難しいですが(笑)。

―「本当に喜んでいただける商品を提供したい」という想い、ステキですね。 最後に、出展社のみなさまへお伝えしたいことはありますか?

弊社では、中小企業支援機構とのパートナーシップも構築しており、中小企業とのお取引には かなり力を入れています。 弊社の名前を知らない方も多いかとは思いますが、単一ブランドの運営では決して得ることのできない、多業態運営ならではのノウハウにより、時代にマッチした最適な店舗コンセプトを組み立て、新たなブランドを限りなく創造しています。ぜひ今年も良い素材を求めに「地方銀行フードセレクション」に伺いたいと思います。

line15

―お休みの日は何をされてますか?

 
img_025

基本的には毎週違うことをして楽しんでいます。あと、我が家のネコ達と遊ぶこと。4匹飼っていて、毎日癒されています(笑)。

―今会いたい人はいますか? 

故人ですが、藤沢周平さんです。尊敬する作家の一人です。

―「食のプロ」である、内倉さんおすすめの逸品を教えてください!!

新潟加島屋の「さけ茶漬」。絶品です。いい御出汁です。
ご賞味ください。
新潟加島屋 HP http://www.kashimaya.com/


◆一問一答◆

  • 好きなスポーツ 野球・サッカー・ボクシング(全部もっぱら見る方です)
  • 好きな食べ物  最近はナポリタン作りにハマっています。
  • 座右の銘     「初心忘るべからず」

■株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス

HP: http://www.create-restaurants.co.jp/
本店所在地:東京都品川区東五反田5-10-18
創業:1999年5月
事業内容:店舗運営 レストラン事業 フードコート事業