12月20日 ブリの日

12月20日をブリの日とした理由は、①ブリは漢字で「魚へん」に「師」と書き、「師」は旧暦12月の呼び名の「師走(しわす)」に因むこと ②ブリの旬は12月であることから12月となり、20日と決められたのは「ブ=2」「リ=0」との語呂合わせによるものです。FM長野の番組中で提唱されましたが、認知度は今一歩。晩秋に南下する親ブリは「寒ブリ」と呼ばれ、脂がのり美味です。脂質は良質なEPAやDHAで、脳細胞を活性化して血中コレステロール低下に働きます。成長に従い名前が変わるため、出世魚とも呼ばれる縁起のよい魚です。