12月31日 そばの日

毎月月末に江戸の商人が縁起物(そばの細くて長い形状のように、身代が長く栄えるように)としてそばを食していたことに由来し、日本麺業団体連合会が制定しました。特に12月月末の「年越しそば」は全国的な行事となっています。江戸時代の金箔を扱う職人が散らばった金箔を集めるのにそば粉を練って使ったことから、商人だけでなく、庶民も財が集まることを祈願し、そばが食べられるようになったといわれています。毎月末のそばの日とは別に、10月17日は「沖縄そばの日」と制定されています。