第19回 蛍光灯の熱で脂が溶ける牛肉「岩手ファーマーズミート」インタビュー

「地方創生『食の魅力』発見商談会2017」に出展される、岩手県奥州市にある【岩手ファーマーズミート】の小形守代表にお話を伺ってきました。

◆貴社について教えてください。

岩手ファーマーズミートは、きたぎん六次化産業支援ファンド、小形畜産、いわて門崎丑牧場、小形彰、前沢牛オガタの5者が出資して平成26年3月に設立された、農水省六次産業化総合化事業計画認定企業です。

牛肉は、「牛匠小形牧場」「牛匠門崎丑牧場」「牛匠小形彰牧場」を中心とした岩手の歴史ある牧場で生産されており、肥育方法にこだわり共通の飼料を与えることにより、脂質・肉質・味にばらつきのない統一された牛肉をお届けすることが可能になりました。

施設について説明される小形代表(左)

◆肥育方法にこだわられているそうですが、特長を教えてください。

エサに発酵飼料を与え、牛が快適に育つよう配慮しています。

発酵飼料とは、文字の通り発酵させた飼料で、主におから、ビールやウィスキーの搾りかすです。
この他に、牧草やゼオライト等も与えています。
ゼオライトは放射線除去にも使われており、これを摂取することで血液がサラサラになる効果を得られています。
お腹が一杯で、満足している牛は、このように日中寝ています。

また、牛舎は常に清潔を保ち、牛にストレスを与えないようにしています。
牛は、よくモグモグしている印象があると思いますが、噛み返しがないと牛は大きくなりません。

■飼育方法でこんなにも肉質が変化!!

以前、催事に出展した際にいつも通り冷蔵ショーケースにお肉を陳列していました。
夕方頃にお肉を確認したところ、肉の脂身の部分が溶けていたんです。
蛍光灯の熱で、脂身が溶けだしてしまったんです。

エサを変えたことで、うま味成分が極めて豊富になるため、 普通の黒毛和牛より牛脂の融点がはるかに低くなったことが影響しています。

それ以来ショーケースの照明は、LEDライトにかえました。

◆加工工場のこだわりを教えてください。

加工工場は、最新の設備と厳しい衛生基準を設けており、HACCPの取得を目指せる設備になっています。

工場内に立ち入る際は、エアシャワーを必ず通る設計になっており、また、エリアによって厳密な入室制限が設けられています。

「ソクトダクト」という風を発生させないエアコンを取り付け、埃を撒き散らさないようになっています。
また、オゾン発生器を各部屋に完備し、空気も含めて部屋全体を殺菌洗浄しています。

水はオゾン水を使用しています。
オゾン水は排水溝等に入れると臭いを分解し、無臭にしてくれます。

各部屋は、細菌が発生しないと言われる16℃以下に設定しています。
ゴミが出る段ボールも、持ち込めるエリアを規制しています。

【最新鋭の凍結機械】
最近、TV等メディアで多くの注目を集める「プロトン凍結機」を業界で先駆けて導入しました。
これは「牛肉の細胞を破壊せずに冷凍出来るため、解凍してもドリップがほとんど出ず、生のような鮮度と美味しさを再現出来る」 これまでの常識を覆した革新的な冷凍機械です。

プロトン凍結機

◆最後にバイヤーへメッセージをお願いします。

是非弊社のお肉を一度ご賞味ください。
食べて頂ければ良さを必ず分かっていただけると思います。

徹底した衛生管理と品質管理の基に生産された安心・安全なお肉をご提案させていただきます。


株式会社岩手ファーマーズミート( https://www.iwate-fmeat.com/
所在地:〒029-4204 岩手県奥州市前沢区向田一丁目9番地
TEL:0197-56-0293
FAX:0197-56-0294
代表者:小形 守