第18回 キリンシティ株式会社 福島 純氏 インタビュー


弊社主催の商談会や視察ツアーに数多く参加いただいている福島氏に、インタビューに伺ってきました。

 

-地方銀行フードセレクション2017での成約について教えてください。

地方銀行フードセレクションで、「株式会社ライズアップ」に出会いました。

西日本シティ銀行より出展:株式会社ライズアップのトマト

地方銀行フードセレクションは、地域のこだわりの食材や商品が見つかるので、毎年来場しています。現在、グランドメニューに採用しているトマトに関しては、季節によって美味しい産地をリレーさせており、この時期に採れるトマトをまさに探していました。そんなときに、地方銀行フードセレクションで「株式会社ライズアップ」と出会いました。トマトの味もちょうどよく、大玉トマトをすぐに出荷できるということだったので、グランドメニューとしてすぐに採用を決めました。

 

-商談会に来場された際に、つい足を止めてしまう出展ブースの特長を教えてください。

展示の仕方、陳列などの見栄えと試食提供の仕方が上手なところは、足を止めてしまいます。

展示の仕方や陳列などの見栄えがよく、試食提供の仕方が上手いブースには、つい足を止めてしまいますね。さらに商品の特長やこだわりを熟知されている方や、気さくな方だと会話が弾んで長居してしまいます。

 

-食材選びのポイントを教えてください。

作り手の想いがより入ったものを選んでいます。

ビールに合う食材探しも然ることながら、作り手の想いがより入ったものを選んでます。そのため、帳合を通じて紹介されるもの以外に、実際に現地に出向いて出合ったもので味なども含めて確認しています。ネームバリューのある食材と、あまり知られていない食材もバランスよく探して、お客様に新しい食材知ってもらうこと、楽しんでもらうことを意識しています。

 

-これまで大変だったことはありますか?

産地を限定して行うフェアは、波乱万丈です。

フェアを実施するときは、3ヵ月前に食材を決定し、2ヵ月前にメニュー作りをします。フェア実施1ヵ月前に、天候不良等で採用していた食材が全く採れない。となったときは大変ですよ。その食材が採れない場合、どのように対応するかリスクヘッジを常に考えておかないといけないですからね。それでも、限定フェアはたくさんのお客様に何度もご来店いただくきっかけになるので、色々と考えています!

-今後の展望について教えてください。

 料理長が素材の仕入れからメニューの立案をして、生産者により寄り添った店舗を作りたい。

現在の店舗運営とは全く異なる他業態の店舗を作っていきたいですね。料理長が素材の仕入れからメニューの立案まで出来れば、生産者の小ロットにも対応できるような店舗運営ができると思いますし、出来たら私も料理長としてやれたらいいですね。

 


キリンシティ株式会社

所在地:東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
設立 :1983年5月14日
HP   :http://www.kirincity.co.jp/index.html