とくしま産地商談ツアー

2018年3月22日(木)、23日(金)に、徳島県が『とくしま産地商談ツアー』を開催し、弊社にて10名のバイヤーを招聘いたしました。

徳島県ならではの木頭ゆずや鳴門金時等の生産現場や工場の視察を行い、1日目の夜には食品メーカー等との交流会を開催しました。

徳島県那賀町木頭地区にて

 

参加されたバイヤーからは、食材の品質の高さはもちろんのこと、生産の背景や商品開発のストーリーを事業者から直接聞くことができ大変勉強になり、食品の魅力を知ることができた、との感想をいただきました。

商品について説明する事業者
事業者の説明を聞くバイヤー
お昼は徳島の食材を使ったカレーをいただきました。
ナスのジャムにバイヤーも興味津々
はちみつのロールケーキを試食
高級な和三盆を使用したくず餅
木頭地区ではミニ商談会を開催
いちご農家西岡産業ではいちごの生産現場を見学
巨大なお芋に一同驚きました!

交流会では、シェフ(右)より料理の説明をいただきました。
徳島名物「フィッシュカツ」

▼視察先事象者(11社)
・なかのファーム(なると金時加工品)
・スマイルホールディングス(だったんそばボーロ)
・影山養蜂研究所(はちみつ)
・阿波の北方農園(米、ふりかけ)
・徳島産業(ドレッシング)
・木頭ゆずクラスター(ゆず加工品)
・いちご農家西岡産業(いちご、いちご加工品)
・喜来農園(さつまいも、ネギ)

▼参加バイヤー(7社/10名) ※順不同
・株式会社ビー・ワイ・オー
・株式会社オージーフーズ
・株式会社三越伊勢丹
・株式会社三越伊勢丹研究所
・ヴィレッジヴァンガードプレース株式会社
・株式会社東急百貨店 たまプラーザ店
・株式会社五味商店