第21回 ミクニヨコハマ 料理長 瀬戸 貴士 氏インタビュー


  2月19日(月)~3月18日(日)の期間限定にて、福岡県の食材を使った「ふくおかフェア」を実施していただいているミクニヨコハマの瀬戸料理長にお話を伺ってきました!

ミクニヨコハマについて

“地産地消”をコンセプトに、素材を活かした料理をご提供しています。

ミクニヨコハマでは、神奈川県で採れた野菜や海の幸、豚などを使った料理を提供しています。
生ごみなどは肥料になるので、骨などが入らないように気を付けて分別していて、食のサイクルも意識しながら取り組んでいます。

 

 

メニュー開発について教えてください。

旬のものは、体にいい。時期に合わせて、必ず旬のものを取り入れるようにしています。

毎月1回、ランチとディナーのコースメニューを変えています。
女性のお客様が多いので、こういうものが好きかもしれないと考えながら、
お客様に楽しんでもらえるメニュー作りに取り組んでいます。

 

 

福岡県食材を使ったメニューについて

食材を見て、「美味しそうだな」って素直に思いました。
素材の味を活かしたシンプルなものをご提供したいと思いました。

玄界灘漁師会の食材は、本当に良かったです。
漁師会の方々が非常に丁寧に愛情をこめて下処理されている。
魚のことをよくわかっているひとが処理した魚は、本当に美味しいですよ。
特にイカは生でも美味しいですが、高温の油でサッと揚げたイカフライは、
柔らかくて、甘みがあって美味しいです。

 

 

今後の展望について

色んな方々にお食事を楽しんでいただける料理を作りたい。

ご家族、お友達、カップル、ビジネスとご来店されるお客様はさまざまです。
男性、女性問わず、おひとりでご来店されるお客様もいらっしゃいます。
「また食べに行きたい」と思ってもらえるように、お客様の声にも耳を傾けながら料理を作っていきたいです。

 


ミクニヨコハマ 公式HPはこちらから

神奈川県横浜市西区高島2-19-12 ヨコハマスカイビル29階

TEL:045-442-0430  予約フォームはこちらから