『栃木県現地視察型商談会(乳製品コース)』開催

DSC_0255

2018年9月25日(火)に、栃木県が主催する「栃木県現地視察型商談会」に、首都圏のバイヤー4社4名をお連れしました。

生乳の生産量が北海道に次ぎ全国2位の酪農大国である栃木県が誇る「乳製品」をテーマに、製造現場の視察、商談会を開催しました。

今回、弊社はバイヤー招聘と視察・商談会支援の協力をさせていただきました。

◆有限会社那須高原今牧場
牛乳製のウォッシュチーズ、セミハードチーズ、フレッシュチーズ、山羊ミルクで作るフレッシュチーズ、熟成チーズを製造しています。茶臼岳(山羊熟成チーズ)はJAL国際線ファーストクラス機内食に採用されています。

◆株式会社南ヶ丘牧場
日本でわずか200頭しか飼育されていないと言われるガーンジィ牛から絞った「ガーンジィゴールデンミルク」、「ガーンジィゴールデンミルク」をふんだんに使ったヨーグルト、アイスクリーム、ミルクジャム、ぬるチーズが製造されています。

◆道の駅 那須高原友愛の森 なすとらん
那須に伝わる「九尾の狐伝説」にちなみ、9種の那須産農畜産物が使用されたランチプレート。

『那須の内弁当』


◆商談会風景


日時:2018年9月25日(火)
場所:栃木県(那須郡)
主催:栃木県
協力:リッキービジネスソリューション(株)
視察先事業者:2社
商談会参加事業者:5社
参加バイヤー:4社4名